【語法】英語で時間の『前・後』を言うと



■ 時間の「前」「後」の表現



前置詞には時間の「前」「後」を表すものがいくつかありますが、前置詞によって時間を表す名詞を含む場合と含まない場合があるので要注意です。次の例文を見てください。

  • I'm going to get the master degree before the next summer.
    (私は来年の夏までに修士号をとる予定です。)
  • The project had gone well until last week.
    (このプロジェクトは先週末まではうまく言っていた。)

before は、続く名詞の指す時間は含みません。したがって、例文の before the next summer は、the next summer (次の夏)より前の時間帯、つまり「次の春いっぱいまで」を指しています。一方、until は、続く名詞の指す時間を含みます。例文の until last week は、last week(先週) の全体、つまり「先週の週末まで」の期間を指しています。

before、until を含めて、時間の「前」、「後」に関する前置詞についてまとめました。

 

  A  を含まない(前)

の前に(まで)/より先に
  • before  A 
    (...の前に、先に)
  • by  A 
    (...の前までに)
  • no later than  A 
    (...より先に)

  A  を含む(前)

以前
  • until  A 
    (...までずっと)
  • till  A 
    (...までずっと)

  A  を含む(後)

以後
  • since  A 
    (...から、以降)
  • from  A 
    (...から、以降)
  • on and after  A 
    (...から、以降)
  • as of  A 
    (...から、以降)
  • after  A 
    (...の後から) ※

  A  を含まない(後)

の(より)後で/の翌...から
  • after  A 
    (...の後で) ※

(※) after は、厳密には対象の時間を含みません。契約書など、日付が重要な場合には on and after ... (...から、以降)と明記します。




<< 【フレーズ】#12: learn ... the hard way | ホーム | 【発音】[ng] for ring >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【語法】英語で時間の『前・後』を言うと

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/129



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年2月 9日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【フレーズ】#12: learn ... the hard way」です。

次のブログ記事は「【発音】[ng] for ring」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。