【発音】[h] for house


for house

発音の位置 ?
発音の種類 ?
有声音/無声音無声音

■ 発音の解説



は、日本語では「ハ行」に相当する音ですが、英語の子音としては少々特殊なポジションにあります。子音は一般的に「舌・歯・唇などで息の流れを妨害することで出す音」と定義されています。ところが、 は子音に分類されているにもかかわらず、子音に必要とされる「息の妨害」が全くありません。そのため、「無声の母音」と位置づけられることもあります。

の音は、冬とても寒いときにかじかむ手を暖めるための「ハーーー」という息です。口の前にかざした手が暖かな息を感じられるように、喉の奥からゆっくりと息を吐き出しましょう。これが の音です。 の音の口・舌・唇の形は、続く母音に従い、 単体では特に決まっていません。

■ 練習問題


のみで、スムーズに発音できるようになったら、今度は を含む単語で練習して見ましょう。 以外の音は、ここではそれほど意識する必要はありません。最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。

初めは、それぞれの音を別々に の音と他の音を分けるように、ゆっくりと発音しましょう。例えば、heal なら "h---eal" というふうに、これを何度も繰り返してください。最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。 の音に自信が持てるようになったら、徐々に とそれ以外の音の間をつめていき、最後にはなめらかに一息で発音できるようになるまで、繰り返してください。

  1. heal (...を治す)
  2. hatred (憎しみ、嫌悪)
  3. harmful (有害な)
  4. holy (聖なる)
  5. whom ([who の目的格] 誰)
  6. behind (...の後ろに)
  7. reheat (...を再加熱する)
  8. perhaps (おそらく)
  9. mishap (小さな間違い)
  10. coherent (明解な)

(1) から (5) は語頭に がつく単語、(6) から (10) は語中に がつく単語です。 にはいつも母音が続くので、必ずシラブルの最初の音になります。日本語の「ハ行」と違って は母音のつかない子音単体であることを、意識しながら練習してください。 例えば、(1) の heal は、 といった後で と発音しなくてはなりません。

の発音に慣れてきたら、以下の Tongue-Twister (早口言葉)も試してみてください。

  1. Heidi had a high hat.



<< 【発音】[j] for yacht | ホーム | 【発音】子音の概要と各子音解説へのインデックス >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音】[h] for house

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/207



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年8月20日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【発音】[j] for yacht」です。

次のブログ記事は「【発音】子音の概要と各子音解説へのインデックス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。