【発音(応用)】過去・過去分詞 -ed の発音


■ 規則変化動詞の過去・過去分詞形 -ed の発音


規則変化動詞の過去・過去分詞形といえば、「動詞の原型の語尾に -ed をつける」でしたよね。この -ed の発音は3通りあり、いざ発音してみるとなると案外難しく意外にできていない人が多いんです。 学校で習った記憶があっても、今はなんとなくで発音してしまっていると思われる方は、ぜひここでもう一度確認してみてください。

過去・過去分詞形の -ed の発音は、動詞の原型の語尾の音によって決まります。英語には珍しく、例外のない法則でもあるので、しっかりと覚えてしまってください。

 動詞の語尾の音-ed の音
(a) 有声音
を除く)
saved, confirmed, robbed, learned, apologized, rendered
(b)無声音
を除く)
kicked, fixed, jumped, talked, worked, established
(c) または wanted, competed, accepted, provided, needed, amended

(a) のように動詞の語尾が有声音 を除く)で終わる場合、-ed e  は発音せず、子音の のみが動詞の語尾に追加されます。追加された音は子音のみなので、シラブル(音節)は増えません。

save saved
confirm confirmed

(b) のように動詞の語尾が無声音 を除く)で終わる場合、-ed e  は発音せず、 d  は子音の として発音します。つまり、 のみが動詞の語尾に追加されます。追加された音は子音のみなので、シラブル(音節)は増えません。

kick kicked
fix fixed

(c) のように動詞の語尾が または の音で終わる場合、-ed e  となることもある)、 d  として発音します。この場合は、 に母音が含まれているので、追加された -ed は新たなシラブル(音節)となります。例えば、want は1シラブルの単語ですが、wanted となると2シラブルになるわけです。

want wanted
provide provided

「なぜわざわざ、発音をしわける必要があるのか」と思われたかもしれませんね。これは、言いやすくするために自然に音が変化してきた結果なんです。例えば、kick の語尾は無声音なので、法則によれば過去・過去分詞形 kicked と発音しますね。では、 と発音して、kicked と比べてみてください。有声音をあとにつけた のほうが、無声音から有声音へ移行する分、たくさんの息や口の力が必要で、少し言いにくいですよね。また、語尾が で終わる動詞の場合も、ただ の後に続けたのでは発音しにくいので、母音 を間にかませて言いやすくしているのです。



■ 練習


規則変化動詞の過去・過去分詞形の発音を練習してみましょう。ご紹介した -ed の法則を意識しながら、以下の動詞を発音してみてください。プルダウンメニューをクリックすると、各単語の -ed の発音をご覧いただけます。

  • climbed (...を登る) 
  • acted (行動する) 
  • disappeared (消える) 
  • dropped (...を落とす) 
  • assigned (...を任命する) 
  • handed (...を手渡す) 
  • departed (出発する) 
  • mentioned (...に言及する) 
  • inherited (...を引き継ぐ) 
  • disturbed (...の邪魔をする) 
  • passed (...を渡す) 
  • washed (...を洗う) 
  • changed (変わる)  
  • hurried (急ぐ) 
  • detected (...を見抜く、検知する) 
  • burned (...を焼く) 
  • thanked (...に感謝する) 
  • crossed (...を横切る) 
  • filled (...を満たす) 
  • lived (住む) 

語尾の音は、スペルに惑わされないで、発音を一つ一つ確認してください。仕上げに「-ed だけに集中する」と決めて、ニュース記事などを音読してみるといいと思います。

実際のスピーキングではいちいち法則を確認している余裕はありませんから、最終的には自動的に出てくるレベルに到達するのが目標です。私も、この法則を口にたたきこむ練習を重ねて、今では特に意識しなくても大丈夫になりました。「この動詞だと、過去形の発音はどうなるかな」と、意識を向けるところから始めてみましょう。




<< 【発音(応用)】サイレント E の法則 | ホーム | 【生活】アメリカの単位(1) 《重さ》 >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音(応用)】過去・過去分詞 -ed の発音

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/51



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2007年12月 6日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【発音(応用)】サイレント E の法則」です。

次のブログ記事は「【生活】アメリカの単位(1) 《重さ》」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。