【語法】英語で『以上・以下』を言うと


「彼は猫を十匹以上飼っている」のように、数量やレベルの表現によく使われる「...以上」「...以下」を英語で言う場合、少し注意が必要です。実は、英語には、「...以上」「...以下」に単語レベルで相当する表現がありません。more than はよく「...以上」と間違って訳されがちですが、実際は「...より上」という意味です。日本語の「...以上」と違って、more than対象の数・名詞を含みません。次の文章を見てみてください。

  • He has more than ten cats.
    → ○ 彼は猫を十一匹以上飼っている。
    → × 彼は猫を十匹以上飼っている。

この文章の more than ten cats は「十匹以上」ではなく、「十匹より多い」という意味です。つまり、対象には「十」そのものは含まれません。(この文章では、「十一匹以上」と意訳しています。厳密に言えば more than ten は、「十より上」ですから 10.1 なども入るのですが 0.1 匹の猫はいませんものね。)

同様に less thanfewer than も、「...以下」ではなく、「...より少ない」「...未満」という意味です。(ちなみに、 less than は不可算名詞に、fewer than は可算名詞に使いますが、less than が可算名詞に使われる場合も少なからずあります。)

それでは、「...以上」「...以下」をすっきり表現するにはどうすればいいのでしょうか。数そのものをひとつ増減させるという手もありますが(例:十以上 → more than nine、十以下 → fewer than eleven)、これにはキーとなる数字の印象を薄れさせてしまうという欠点があります。代わりに、<数字> and more<数字> and less または <数字> and fewer という表現を使うようにしてください。

  • Only children aged 13 and over can participate in this program.
    十三歳以上の子供だけがこのプログラムに参加できます。)
  • You don't need a reservation when you are six and fewer.
    六人以下なら、予約は必要ありません。)

数字そのものがそれほど重要でない場合、more than =「...以上」として英・和訳しても大丈夫なことがあります。たとえば、「その会社は 1000 万円以上の損失を出した」という文章では、1000万きっかりの額を含めて考えるかどうかはそれほど問題ではありませんねよ。このように数字の厳密さよりも数の大まかな大きさに注目する場合は、more than ten million yen のように英訳しても間違いではありません。

more than などを含む「以上」「以下」に関する表現をまとめました。

 

  A  より上/より多い

より上/多い
  • over  A 
  • beyond  A 
  • more than  A 

  A  以上

以上
  •  A  and over
  •  A  and up
  •  A  and more

  A  以下

以下
  •  A  and less
  •  A  and fewer
  •  A  and under

  A  より下/より少ない/未満

より下/少ない/未満
  • under  A 
  • below  A 
  • less than  A 
  • fewer than  A 



<< 【フレーズ】#11: word of mouth | ホーム | 【フレーズ】#12: learn ... the hard way >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【語法】英語で『以上・以下』を言うと

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/126



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年2月 6日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【フレーズ】#11: word of mouth 」です。

次のブログ記事は「【フレーズ】#12: learn ... the hard way」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。