【発音】[b] for bird


for bird

英語の子音[b]の発音
発音の位置 両唇音
発音の種類閉鎖音
有声音/無声音 有声音

■ 発音の解説



英語の の音は、日本語の「ば」の音と基本的には同じです。一度、日本語で「ば」の音を含む言葉を、口を意識しながらとゆっくり言ってみてください。「ば」を発音するとき、唇はどんな動きをしていますか?上下の唇が一旦閉じてから、少し弾みをつけて空気を吐き出しながら離れる、というように動いているはずです。英語の も基本的にはこれと同じです。ただし、 の方が、唇にもっと力を込めてぴったりと合わせ、もっと勢いよく弾みをつけて息をリリースします。

英語の の唇の合わさり方は、日本語の「ま」にむしろ近いかもしれません。まず、上下の唇にぎゅっと力をこめて、唇の全体をぴったりあわせます。(ぴったりと全体の唇を合わせると、唇が口の中に隠れて外からは見えなくなります。)そして、ちょっと息を詰めた後、スイカの種を吐き出すように、息をはじいて遠くへ飛ばします。 「bっ!」「bっ!」「bっ!」と空気の種を遠くへ飛ばすイメージで練習してみてください。このように勢いよく息を吐き出すには、少し助走をつけてやる必要があるので、 は日本語の「バ」よりも、リリース前の息のため時間は少し長めにとってください。

[b] for bird

英語の と日本語の「ば」との比較は、 の練習でやったときと同じ方法で比較できます。片手をのどにあて、片手は口の10センチ前方へかざしてみましょう。「bっ!」といったときに、空気の塊が手にあたるのを感じますか?(「ば」と言ったときには、手には特になにも感じないはずです。)また、のどにおいた手は、 のときとは違って、声帯の振動を感じます。 は有声音なので、正しく発音されていれば声帯が震えて、無声音よりも濁った大きな音になります。 ただし、声帯を使うといっても、母音はつけないように、気をつけてくださいね。英語では、子音はあくまで母音と切り離されています。(「bっ!」と書いているのは、そのためです)


■ 練習問題



のみで、スムーズに発音できるようになったら、今度は を含む単語で練習して見ましょう。 以外の音は、ここではそれほど意識する必要はありません。

初めは、それぞれの音を別々に の音と他の音を分けるように、ゆっくりと発音しましょう。 例えば、bear なら " ---ear" というふうに、 これを何度も繰り返してください。 最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。 の音に自信が持てるようになったら、 徐々に とそれ以外の音の間をつめていき、 最後にはなめらかに一息で発音できるようになるまで、繰り返してください。

  1. bear (熊)
  2. beach (ビーチ)
  3. bring (...を持ってくる)
  4. disturb (...の邪魔をする)
  5. cab (タクシー)
  6. tribe (部族)
  7. chubby (ぽっちゃりした)
  8. herbal (ハーブの)
  9. suburban (郊外の)

(1) から (3) は、最初の音が のパターン。日本語の「ば」と違って は 母音のつかない子音単体であることを、意識しながら練習してください。 例えば、(1) の bear の下線部の発音は、 といった後で と発音しなくてはなりません。 (4) から (6) は、 の音が単語の最後に、(7) から (9) では単語の真ん中にあります。 こういう を聞き取ってもらうためには、息を鋭く押し出す力がとても大事。とにかく鋭く、大きな「bっ!」の空気の種を吐き出すように心がけてください。

 の発音に慣れてきたら、 以下の Tongue-Twister (早口言葉)も試してみてください。

  1. Betty Botter bought some butter,
    But, she said, the butter's bitter.



<< 【表現】あいづちの表現 | ホーム | 【発音】[v] for vase >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音】[b] for bird

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/71



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2007年12月18日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【表現】あいづちの表現」です。

次のブログ記事は「【発音】[v] for vase」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。