【発音】[t] for tea


for tea

発音の位置歯茎音
発音の種類閉鎖音
有声音/無声音無声音

■ 発音の解説


の基本は、日本語の「た、て、と」と同じです。 舌の先を上あごから前歯との境目あたりにしっかりと押し付けてから、勢いよく舌をはじいて息を開放することで音を出します。 ただし英語のでは、以下のような違いがあります。

  1. 「た、て、と」のように母音がつかない無声音(=声帯が震えない)である。
  2. 「た、て、と」よりも息の量が多い

の発音を確認するためには、次の方法を試してみてください。

まず、のどに軽く片手をあてます。もう一方の手は、口に手のひらを向けて20センチくらい前方にかざしてください。 準備ができたら、大きな声で勢い良く「とっっ、とっっ、とっっ、とっっ」と言ってみましょう。のどにあてている方の手に、振動がビリビリと伝わってくるのが、わかりますか?このビリビリが、声帯が震えている証拠です。日本語は、子音と母音が必ずセットになっているので、全ての音で声帯が震えます。

さて、今度は同じことを声帯が振動しないようによう、息だけでやってみましょう。「と」から母音を抜いて、「tっっ, tっっ, tっっ, tっっ」という感になるようイメージしてください。 このとき、のどにあてた手は振動を感じず、 かつ口の前にかざした手には「tっっ」というたびに「ぽふっ」という息の塊が感じられれば大丈夫。これが英語のの発音です。

は息だけと言えど、きっちり発音できると結構遠くまで届きます。 どなたかそばにいらっしゃったら、10メートルくらい離れても音が届いているかどうか、聞いてもらってみてください。


■ 練習


のみで、「のどがビリビリせず」(=声帯が振動していない)かつ「ぽふっ」(=息の塊)が感じられるようになったら、今度はを含む単語で練習して見ましょう。 以外の音は、ここではそれほど意識する必要はありません。

初めは、それぞれの音を別々にの音と他の音を分けるように、ゆっくりと発音しましょう。 例えば、tank なら "、-ank" というふうに、 これを何度も繰り返してください。 最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。 の音に自信が持てるようになったら、 徐々にとそれ以外の音の間をつめていき、 最後にはなめらかに一息で発音できるようになるまで、繰り返してください。

  1. tank (タンク、水槽)
  2. tie (ネクタイ、結ぶ)
  3. taught (teach(教える)の過去・過去分詞形)
  4. bat (バット、こうもり)
  5. wit (機知、ウィット)
  6. root (根)
  7. witness (目撃者)
  8. catering (仕出業)
  9. hot-blooded (怒りっぽい)

(1)から(3) のように母音が続くときは「息の塊」に、(4)から(6)のように母音が続かないときは、 「声帯の振動がないよう」に、それぞれ特に気をつけてください。 の発音に慣れてきたら、 以下の Tongue-Twister (早口言葉)も試してみてください。

  1. Tea for two and two for tea.
  2. Beat the team by batting the best.
  3. Tip the top of the tan boot. Then Steal the toys from Tom with a hoot.



<< 【単語】#5: doubt | ホーム | 【発音】[th] for think >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音】[t] for tea

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/21



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2007年11月21日 11:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【単語】#5: doubt」です。

次のブログ記事は「【発音】[th] for think」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。