【表現】確信度を伝える表現


意見を求められたときや事実を確認されたとき、常に自信を持って答えられるわけではありませんよね。英語には、「絶対にそう思う」「たぶん」といった、『話し手が、述べる内容の真偽・可能性にどれぐらい確信を持っているか』という確信度を表す表現がたくさんあります。ここでは、副詞・助動詞・フレーズを使った様々な表現をご紹介します。


■ レベル別:確信度を伝える表現


確信度を表す表現を、「絶対にそう(100%)」から「絶対に違う(マイナス100%)」までの、6 つの確信度レベルに分けました。

(1)確信度: 100%  (意見や事実に対して、絶対にそうだという確信を持っている)

確信度 100%
  • I'm sure that ...
  • definitely
    《副詞》
  • surely
    《副詞》
  • I'm sure that the economist will receive the Nobel prize.(あの経済学者は必ずノーベル賞をとると思う。)
  • That girl definitely has a great musical potential. (絶対に、あの女の子はすごい音楽の才能を持っている。)
  • Surely, you must be clear what goal you're going to reach in the presentation.(プレゼンでどんな目標を達成したいのかを、必ず明確にしておかなくてはいけない。)

(2)確信度: 75%  (意見や事実に対して、ある程度の自信を持ってそうだと言える)

確信度 74%
  • There's every chance that ...
  • It's likely that ...
  • be likely to do ...
  • probably
    《副詞》
  • should
    《助動詞》
  • There's every chance that we will meet the deadline.(たぶん締め切りには間に合うよ。)
  • It's likely that our company will merge with that corporation.(私たちの会社はあの大会社と合併するだろう。)
  • The defendant is likely to change his lawyers.(その被告人は弁護士を変えるだろう。)
  • She is probably seeing nobody now. (彼女は今たぶん誰とも付き合ってないと思うよ。)
  • Leo should come soon. (Leo はもうすぐ来るはずだよ。)

(3)確信度: 25%  (意見や事実に対して、あまり自信は持てない)

確信度 25%
  • may 《助動詞》
  • might 《助動詞》
  • could 《助動詞》
  • The professor may leave the office by now. (教授はもう帰ったかもしれない。)
  • He might be the right man who I've been longing for. (彼が私の理想の人かもしれない。)
  • It could happen to me. (それは私の身に起こるかもしれない。)

(4)確信度: 0%  (意見や事実に対して、よくわからないのでイエスともノーとも言えない)

確信度 0%
  • I'm not sure if...
  • I don't know if...
  • I have no idea if...
  • I'm not sure if the new medicine works as well as that one. (この新薬があの薬と同じくらい効き目があるかはよくわからない。)
  • I don't know if he will come back this winter. (この冬に彼が帰省するかどうか知らない。)
  • I have no idea if the company will hire new graduates this year.(この会社が今年は新卒を採用するのかどうかわからない。)

(5) 確信度: マイナス75%  (意見や事実に対して、ある程度の自信を持って、そうではないと言える)

確信度 -75%
  • I don't think that ...
  • I doubt if ...
  • It's unlikely that ...
  • be unlikely to do ...
  • probably ... not ... 《副詞》
  • should not
    《助動詞》
  • I don't think that he meant to hurt me. (彼は私を傷つけるつもりじゃなかったと思う。)
  • I doubt if she will make her words.(彼女が約束を守るとは思えない。)
  • It's unlikely that they heard me wrong.(彼らが私の言ったことを聞き間違えたとは思えない。)
  • The snow is unlikely to stop by tomorrow morning.(この雪が明日の朝までにやむとは思えない。)
  • Probably the experiment won't succeed. (たぶん、実験は失敗すると思う。)
  • They shouldn't come back by 7.(彼らは 7 時までに戻ってこないはずだ。)

(6)確信度: マイナス100%  (意見や事実に対して、絶対にそうではないという確信を持っている)

確信度 -100%
  • There's no chance of ...
  • I'm sure that ... not ...
  • definitely ... not ... 《副詞》
  • There's no chance of my passing the bar.(絶対私は弁護士資格試験に失敗する。)
  • I'm sure that he's not finished his paper.(彼は絶対にまだレポートを終わらせてないと思う。)
  • I definitely won't be able to get home by 4.(4時までに家に帰るのは絶対無理だと思う。)

例えば、「自動車免許の路上試験、受かりそう?」と『あなたの試験合格に対する確信度』を聞かれたとします。上記の表現を使って答えてみましょう。

(1)【確信度 100%】:『準備は完璧』
I'm sure that I will get the driver's license. I'm perfectly trained. (絶対、免許とれるよ。完璧に訓練したもん。)
(2)【確信度 75%】:『そこそこ自信あります』
There is every chance that I will pass the test. I spent considerable time for practice. (たぶん受かると思うよ。それなりに練習したし。)
(3)【確信度 25%】:『運がよければいけるかも』
I may pass the test, hopefully. (上手くいけば受かるかもね。)
(4)【確信度 0%】:『当たるも八卦、当たらぬも八卦』
I have no idea if I can pass the test. It depends on which road the examiner will choose. (どうかな。試験官がどの道を選ぶかによるよ。)
(5)【確信度 マイナス75%】:『あの試験難しいし…』
I'm unlikely to pass the test. The examiner is really tough. (たぶん受からないと思うよ。あの試験官、すごく厳しいから。)
(6)【確信度 マイナス 100%】:『受かる気がしない』
Definitely I won't pass the exam. I'm still afraid of driving on public roads. (絶対受かるわけないよ。まだ公道で運転するの怖いもの。)


■ 確信度を示すフレーズに関する補足


(2)確信度 75% と(5)確信度マイナス 75% にある should推量を表す前置詞です。should ((2)確信度 75%)は、動詞以下の内容を肯定する推量(「...であるはずだ」)を表現し、should not (shouldn't) ((5)確信度マイナス 75%)は、動詞以下の内容を否定する推量(「...でないはずだ」)を示します。

  • 【肯定】The chef of the restaurant should be changed.(あのレストランのシェフは変わっているはずだ。)
  • 【否定】The chef of the restaurant shouldn't be changed.(あのレストランのシェフは変わっていないはずだ。)

(2)確信度 75% の There's every chance that ...、(6)確信度マイナス 100% の There's no chance of... に含まれる chance は、「機会」ではなく「...が起こる可能性」という意味です。no chance of... のフレーズで chance にかかる形容詞を good(良い)little (少ししかない)slight (少しの)などに置き換えると、確信の度合いを変化することができます。

  • 【確信度 75%】There's a good chance of her survival.(彼女が生き延びる可能性は十分ある。)
  • 【確信度 マイナス75%】There is little chance of his being promoted this year.(今年彼が昇進する見込みはほとんどない。)

(1)確信度 100% と(6)確信度マイナス 100% にある definitelyprobably といった副詞は、文章全体を修飾しているので(1)文の最初(2)文の最後に置くのが一番簡単です。(3)文中(一般動詞の直前/be 動詞・助動詞の直後)でもかまいませんが、not などの否定語がつく場合、意味があいまいになりがちなので、(1)か(2)の位置がおすすめです。

(1)文頭におく場合
Definitely you need to see a doctor. (絶対に医者にかかるべきだよ。)
(2)文尾におく場合
You need to see a doctor, definitely. (絶対に医者にかかるべきだよ。)
(3)文中におく場合
【一般動詞の直前】You definitely need to see a doctor. (絶対に医者にかかるべきだよ。)
【be動詞の直後】 You're definitely getting cold. (絶対に風邪をひきかけてるよ。)
【助動詞の直後】You should definitely stay in bed. (絶対にベッドで休んでいるべきだよ。)



<< 【生活】アメリカの単位(5) 《面積》 | ホーム | 【表現】あいづちの表現 >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【表現】確信度を伝える表現

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/69



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2007年12月14日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【生活】アメリカの単位(5) 《面積》」です。

次のブログ記事は「【表現】あいづちの表現」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。