【フレーズ】#4: second thought(s)



 second thought(s) 


  • I'm having second thoughts about buying that green couch. It may not match the decor.
    (あのグリーンのソファを買うのはやめようかと考え直してるところよ。部屋のインテリアに合わないような気がするの。)

second thought(s) は、文字通りに和訳すると「二回目の考え」。つまり「考え直し」のことです。have second thoughts で、「考え直す」という表現になります。have という動詞そのものは「持っている」という状態を表すので、通常は進行形にはなりませんが、この連語では「考え直す」という動作を表しているので、例文のように進行形にできます。

  • On second thought we took out food and wine to hang out at his place, instead of dining out.
    考え直して、外食するかわりに食べ物とワインを買って彼の部屋でくつろぐことにした。)

on second thought で、「考え直して」という意味の副詞的な連語になります。

second thought は、イディオムによって単数形になったり複数形になったりします。have second thoughts では複数形ですが、on second thought では単数形です。




<< 【発音(応用)】なぜストレスが重要なのか | ホーム | 【フレーズ】#5: 24/7 >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【フレーズ】#4: second thought(s)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/93



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年1月 5日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【発音(応用)】なぜストレスが重要なのか」です。

次のブログ記事は「【フレーズ】#5: 24/7」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。