【発音】[p] for pen


for pen

発音の位置両唇音
発音の種類閉鎖音
有声音/無声音無声音

■ 発音の解説



は、 の無声音バージョンです。日本語では、「パ行」に相当しますが、 は基本的に母音がつかず、しかも無声音なので「パ行」に比べてかなりはっきりと発音しないと、相手に届きません。

は、両唇をしっかりと使って発音します。まず、両唇をしっかりと合わせます。(「マ行」のしっかり版という感じ)それから、すいかの種を飛ばすように「pっ」と前のほうに唇をはじいて音を出してください。 は無声音なので、声帯は震えません。「pっ」と言ったときに、のどに触れてもびりびりとした振動は伝わってきません。

と、有声音の との違いは、のどの振動があるかないかです。もし の発音でのどが振動していたら、日本語の「パ行」のように母音が混じってしまっています。「母音のない感じ」がよくわからなかったら、ささやき声で「パ行」をゆっくり発音してみてください。ささやき声のときには、母音は消えて、ほとんどのども振動しませんね。他の無声音でも、このようにささやき声でためしてみると、雰囲気がつかみやすいと思います。



■ 練習問題



のみで、スムーズに発音できるようになったら、今度は を含む単語で練習して見ましょう。 以外の音は、ここではそれほど意識する必要はありません。

初めは、それぞれの音を別々に の音と他の音を分けるように、ゆっくりと発音しましょう。例えば、perfect なら " ---erfect" というふうに、これを何度も繰り返してください。最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。 の音に自信が持てるようになったら、徐々に とそれ以外の音の間をつめていき、最後にはなめらかに一息で発音できるようになるまで、繰り返してください。

  1. perfect (完璧な)
  2. peaceful (平和な)
  3. part-time (パートタイムの)
  4. soap (石鹸)
  5. pope (法王)
  6. wrap up (...を締めくくる)
  7. shipment (発送)
  8. upper (上の)
  9. cooperation (協力)

(1) から (3) は、最初の音が のパターン。日本語の「パ」と違って は 母音のつかない子音単体であることを、意識しながら練習してください。 例えば、(1) の perfect の下線部の発音は、 といった後で と発音しなくてはなりません。 (4) から (6) は、 の音が単語の最後に、(7) から (9) では単語の真ん中にあります。こういう を聞き取ってもらうためには、息を鋭く押し出す力がとても大事。とにかく鋭く、大きな「pっ!」の空気の種を吐き出すように心がけてください。

の発音に慣れてきたら、以下の Tongue-Twister (早口言葉)も試してみてください。

  1. Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
    Did Peter Piper pick a peck of pickled peppers?
    If Peter Piper picked a peck of pickled peppers,
    where's the peck of pickled peppers Peter Piper picked?
  2. Give me the gift of a grip top sock:
    a drip-drape, ship-shape, tip-top sock.



<< 【フレーズ】#19: water under the bridge | ホーム | 【フレーズ】#20: bail out >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音】[p] for pen

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/158



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年3月28日 03:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【フレーズ】#19: water under the bridge」です。

次のブログ記事は「【フレーズ】#20: bail out」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。