【発音】[j] for yacht


for yacht

発音の位置歯茎口蓋音
発音の種類半母音
有声音/無声音有声音

■ 発音の解説



は、日本語の「ヤ行」に相当する音です。ただし、「ヤ行」に比べて の口の動きはよりはっきりとしています。また、「ヤ行」の母音はア段・ウ段・オ段に限られていますが、 の後にはあらゆる母音を続けることができます。

を発音するには、まず嫌な大人に向って子供がする「イーっだ」の「イー」の口の形にして、軽く「うなり」ます。続いて、そのままうなりながら勢いよく「ア」の口の形に開けます。これが基本の の音です。開く口の形は、続く母音によって変わります。 に続く母音が なら「ィエッ」、 なら「ィヨッ」といった音になります。

問題は、 に 「イ」の母音 が続く場合です。(例: year の最初の口の形は、母音 のものとほぼ同じであるため、口の形を変えることでは の音を表現することができません。

この場合は、 で最初の「イ」、そして心持うなり直すような感じ の「イ」をそれぞれ発音します。つまり、year は「イヤー」というよりも、「ィイヤー」という感じになります。外来語としてはどちらも「イヤー」になる ear との違いは、 の「イ」があるかないかになります。

は、【発音】[w] for waste)と同じく、半母音という音に属します。半母音は、 といった母音と同じように、息が唇や舌によってほとんど遮られないため、他の子音に比べて、大きく響きのある音になります。(半母音と母音の違いについては、後日説明します。)

■ 練習問題


のみで、スムーズに発音できるようになったら、今度は を含む単語で練習して見ましょう。 以外の音は、ここではそれほど意識する必要はありません。最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。

  1. yet (いまだ)
  2. yogurt (ヨーグルト)
  3. yeti (雪男)
  4. yolk (卵黄)
  5. yesterday (昨日)
  6. yearn (...を切望する)
  7. yard (庭)

上記の単語リストは、すべて語頭に がつくものです。語中・語尾にある y のスペルは、ほぼ例外なく と発音されます。(例: soy

次に、 に続く音が となる単語のリストです。上のセクションで述べたとおり、 で最初の「イ」、続く母音の でさらに「イ」をうなりなおすような感じで発音して下さい。(太字は、 の音に該当する部分です。)

  1. yeast (イースト菌) <cf. east>
  2. year (年) <cf. ear>
  3. yield (...を産む)

※ 上記の単語は、【発音】子音:[j] for yacht の単語集 で音の確認、および単語の練習をすることができます。特に、yeast と east、year と ear の音の違いをぜひ比べてみてください。

の発音に慣れてきたら、以下の Tongue-Twister (早口言葉)も試してみてください。

  1. The young Yale fellow yearns for a yellow yacht.



<< 【発音】[w] for waste | ホーム | 【発音】[h] for house >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音】[j] for yacht

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/206



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年8月 7日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【発音】[w] for waste」です。

次のブログ記事は「【発音】[h] for house」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。