【雑学】秋のお祭り・ハロウィン(Halloween)


10月31日は、秋のお祭りハロウィン(Halloween)の日です。この記事では、ハロウィン(Halloween)についてご紹介します。


(※ この記事には、YouTube の動画が含まれています。お使いのブラウザによっては、記事内に動画が表示されないことがあります。About の「アクティブコンテンツ(動画・フラッシュ)」の説明をご覧ください。)



■ ハロウィンの起源と現在のお祭り



ハロウィン(Halloween)は、ブリテン諸島に住んでいたケルト族(the Celt)のお祭りにその起源があります。ケルト族は、10月31日に収穫感謝祭を行っていました。その日は「生命」の夏の終わりであり、死霊たちが墓からよみがえり、現世を自由に歩きまわれる日とされていたのです。また同時に、大きなかがり火を焚き死霊の神秘の力を借り、一族の未来も占っていたといわれています。現世をさまよう死霊の中には悪霊もいるため、ケルト族の人々は悪霊を怖がらせるような衣装を着、また彼らを喜ばせるために食べ物を家の外においておいたのだとか。

時がたち、キリスト教がブリテン諸島に根付いた後、ローマ教皇によって11月1日があらゆる聖人(hallow)を祭る日と定められました。そのときからこのケルト族のお祭りの日は、All Hallow's Eve(n) と呼ばれるようになり、その後 Hallowe'en と現在の呼称に変わっていったのです。

アメリカにハロウィンの習慣を持ち込んだのは、19世紀の『じゃがいも飢饉(The Irish Potato Famine)』のために、大量にアメリカに流れ込んできたアイルランド系の移民たちです。いつしか死霊を怖がらせるための恐ろしい衣装は楽しいコスチュームに、死霊たちにささげる食べ物が『Trick or Treat!』のお菓子に変わって、アメリカに根付いたというわけです。

また、ハロウィーンのシンボルでもある顔にくりぬいたかぼちゃのランタン、ジャック・オー・ランタン(Jack-o-Lantern)は、ケルト族のお祭りで焚かれていたかがり火が姿を変えたものだと言われています。この時期になると、スーパーや農場にはランタン用のかぼちゃ(人の頭より一回り大きい)が並びます。

ハロウィンの日には、子供はお化けや妖精の格好で家々を回り、お菓子をねだる『Trick or Treat』に出かけたり、お化け屋敷(Haunted House)に行ったりして楽しみます。大人は『Trick or Treat』こそしませんが、やはり色んな仮装に身を包んでパーティーで騒ぐのが通例です。

ハロウィンは、その宗教色はほとんど失ってしまいましたが、アメリカでは大きな商業的売り上げを見込めるお祭りとして、クリスマスに継ぐ重要なイベントとなっています。

この時期には観光客を呼び込もうと、町を挙げての大規模なお祭りを開催する町もあります。たとえばニューヨークでは、全米最大のパレード The Village Halloween Parade が開催され、何万人という見物人が詰め掛けます。



The Village Halloween Parade の様子(2006)

※ 動画が見られない場合は、http://www.youtube.com/watch?v=Ygv27aUxCEA から直接ご覧ください。



■ 魔女の町・セーラム(Salem)



アメリカ北東部・ニューイングランド地方は秋になると紅葉が美しく、最もハロウィンの雰囲気を楽しめる場所といえます。なかでも、私のお勧めはボストンの北東に位置するセーラム(Salem)という町です。

セーラムは、石畳とレンガ造りの建物のかわいらしい小さな港町ですが、かつて17世紀末の魔女狩りによって20人以上の人々が処刑された、という暗い歴史も持っています。今ではそんな歴史を活かし(?)、ハロウィンのシーズンには町中がシンボルカラーのオレンジと黒で彩られ、魔女やかぼちゃ、骸骨や蜘蛛の巣など、かわいらしくもちょっと気味の悪い飾り付けが町にあふれます。

◎セーラム観光案内(英語):http://www.salem.org/

◎セーラムでの観光ポイント

  • Salem Witch Museum
    17世紀にあった魔女狩りの様子を紹介する博物館。休日は整理券が必要なほどの込みよう。英語の解説は結構レベルが高いので、日本語の解説テープを借りることをお勧めします。
  • The House of Seven Gables
    アメリカの作家 Hawthorne の同名の代表作の舞台となった家。小説を読んでいなくとも、17世紀の家の雰囲気を十分楽しむことができます。
  • Ye Olde Pepper Companie
    アメリカで一番古いキャンディーショップ。(アメリカでいう candy は、飴だけではなくチョコレートなどの甘いお菓子全般のこと。)日本人の感覚からすると相当甘いので、張り切って買い込まないように気をつけましょう。店構えがとてもかわいいです。

◎交通: MBTA Boston North Station から Commuter Rail の Newburyport/Rockport Line で 30 分。土日は本数が少ないので注意。(参照:MBTA Commuter Rail)また、MBTA Bus の #459 と #455 でも行くことができます。(参照: MBTA Bus



■ ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(The Nightmare Before Christmas)



『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(原題: The Nightmare Before Christmas )』は、ティム・バートン監督のハロウィンをテーマにしたミュージカルアニメーション映画です。年中ハロウィンのハロウィンタウンの王である『カボチャ王』ジャックが、ハロウィンに飽きて起こす騒動のお話。不気味なのにかわいいキャラクターたちがとっても魅力的です。ハロウィンの日にぜひどうぞ。

"This is Halloween" (The Nightmare Before Christmas より)

※ 動画が見られない場合は、http://www.youtube.com/watch?v=xpvdAJYvofI から直接ご覧ください。




<< 【発音】[a] for bat | ホーム | 【発音】[r] for bird >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【雑学】秋のお祭り・ハロウィン(Halloween)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/235



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年10月25日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【発音】[a] for bat」です。

次のブログ記事は「【発音】[r] for bird」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。