【発音】[g] for goat


for goat

[g] の発音
発音の位置軟口蓋音
発音の種類閉鎖音
有声音/無声音有声音

■ 発音の解説



は、 の有声音バージョンです。ほとんど日本語の「ガ行」と同じですが、

  1. のほうは、発音前にしっかり息をとめる
  2. のほうが、吐き出す息の量が多く、勢いがある

という点で「ガ行」とは違っています。

の音は、一度息をのどの奥で完全にとめてから、息を開放することで発音されます。の発音は、重い荷物を持ち上げるときに、息を「くっ」とつめる感じとご紹介しましたが、これを「グッ」とにごらせたものが です。

それでは、 の発音の手順を順に確認してみましょう。

まず、口を軽く開けたまま(「ア」と「ウ」の間くらい)、息を吸い込んでください。次に、荷物を持ち上げるときのようにのどに力を入れて、のどの奥で息を止めてください。のどの奥とは、口と喉の境目(口の上側の骨があわさってやわらかくなったあたり)のあたりです。ここを持ち上げた舌の付け根でふさぎます。[r] の音で、舌を奥に持ち上げる練習をしましたね。あのときの舌をもう少し持ち上げるようにして、完全に息の通り道を遮断します。

[g] の発音

一旦息を完全にふさいだら、今度は勢い良く舌をはじくようにして、「gっ!」(ガ行のもっと激しい感じ)と空気を解放します。このときのどに手を当てると、 では感じられない振動を感じることができます。

のどで発音する感じがつかみにくい、という方は、ひそひそ声でゆっくり「ガ・ギ・グ・ゲ・ゴ」といってみてください。最初は普通に、それから口を大げさにあけて勢いよく発音してみると、 の音が出る時に、のどが一瞬閉まって開くのを感じられるはずです。



■ 練習問題



のみで、スムーズに発音できるようになったら、今度は を含む単語で練習して見ましょう。 以外の音は、ここではそれほど意識する必要はありません。 初めは、それぞれの音を別々に の音と他の音を分けるように、ゆっくりと発音しましょう。例えば、guard なら "g ---uard" というふうに、これを何度も繰り返してください。最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。 の音に自信が持てるようになったら、徐々に とそれ以外の音の間をつめていき、最後にはなめらかに一息で発音できるようになるまで、繰り返してください。

  1. guard(防御する)
  2. guide (案内する)
  3. goat (ヤギ)
  4. lug(敷物)
  5. egg(卵)
  6. dog (犬)
  7. regard (を(...と)思う)
  8. ignore (を無視する)
  9. example (例)

(1) から (3)のように、 に続く母音がある場合、 の音が出た後で、母音を発音するように意識すると英語らしくなります。まず と 母音を離してゆっくりと発音し、徐々に音と音の間を狭めていくようにして練習してみましょう。 は息をたくさんつかうので、 の後に母音を発音するためには、母音をお腹から押し出すようにさらに息をたくさん吐き出します。

(4) から (9) のように、母音の続かない は日本人のとても苦手な音です。「ガ行」のように母音を一緒に発音しないように意識してください。

の発音に慣れてきたら、以下の Tongue-Twister (早口言葉)も試してみてください。

  1. Gertie's great-grandma got angry at Gertie's grammar.
  2. The golden pig giggled at his wig.



<< 【文法】It's 短縮形(5) 《続・短縮形のFAQ》 | ホーム | 【発音】[n] for note >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音】[g] for goat

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/119



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年1月29日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【文法】It's 短縮形(5) 《続・短縮形のFAQ》」です。

次のブログ記事は「【発音】[n] for note」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。