【発音】[f] for face


for face

[f]の発音
発音の位置唇歯音
発音の種類摩擦音
有声音/無声音無声音

■ 発音の解説



英語の は、 の無声音バージョンです。 の音と同様、 に相当する音は日本語にはありません。 の音を含む外来語は日本語の「ハ行」に置き換えられますが(例; life → ライフ)、日本語の「ハ行」を発音すると ではなく の音になってしまいます。ネイティブには の音はまったく違う音として捉えられていますので、混同しないよう気をつけてください。

[f]の発音

を発音するには、上の前歯を下唇にそっとあて、そこにしっかりと息を吹き込みます。すると、歯と唇の隙間から息が漏れます。これが の音です。歯の隙間から息を下方向に向かって噴出し、下唇を冷やすような感覚です。


■ 練習問題



のみで、スムーズに発音できるようになったら、今度は を含む単語で練習して見ましょう。 以外の音は、ここではそれほど意識する必要はありません。 初めは、それぞれの音を別々に の音と他の音を分けるように、ゆっくりと発音しましょう。例えば、fight なら "f ---ight" というふうに、これを何度も繰り返してください。最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。 の音に自信が持てるようになったら、徐々に とそれ以外の音の間をつめていき、最後にはなめらかに一息で発音できるようになるまで、繰り返してください。

  1. fight (戦い/と戦う)
  2. fork (フォーク)
  3. face (顔)
  4. laugh (笑い/笑う)
  5. enough (十分な)
  6. thief (泥棒)
  7. confirm (を確認する)
  8. refer (参照する)
  9. effort (努力)

(1)から(3) の語頭にある 、そして(4)から(6) の語尾にある は、いずれも の音の時間を長めにとってください。 は聞こえにくいので、意識して大げさなくらいに発音をしたほうがよいと思います。

(7)から(9) の語の真ん中にある は、前後の発音にひきずられて消えてしまいがちです。前の音によっては、 の口を作るまでに時間がかかるかもしれませんが、 の音をしっかり意識して発音しましょう。

さて、もうひとセット、 を含む単語の練習をしてみましょう。

  1. shift (を移動させる、移す)
  2. cuffs (そで口 《複数形》)
  3. fifth (5番目の)
  4. left (左の)
  5. twelfth (12番目の)

これらの単語は、 と子音の組み合わせ(子音クラスター)を含んでいます。子音だけの音の組み合わせは日本語には存在しないので、最初の単語セットに比べて発音が難しいと思います。たとえば最初の単語 shift に含まれている子音クラスターは、 という無声音の組み合わせです。母音は伴わないので、この子音クラスターを発音している間は、のどにさわっても声帯は震えていません。ひとつひとつの無声音を意識しながらゆっくり口を動かしてひとつずつ子音を発音し、徐々に滑らかにつなげられるように練習してみてください。

の発音に慣れてきたら、以下の Tongue-Twister (早口言葉)も試してみてください。

  1. Flee from fog to fight flu fast!
  2. A flea and a fly flew up in a flue.
    Said the flea, "Let us fly!"
    Said the fly, "Let us flee!"
    So they flew through a flaw in the flue.



<< 【発音】[ng] for ring | ホーム | 【単語】略語 Acronym と Backronym >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音】[f] for face

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/131



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年2月14日 01:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【発音】[ng] for ring」です。

次のブログ記事は「【単語】略語 Acronym と Backronym」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。