【雑学】子を想う詩


お久しぶりです、すっかりごぶさたしています。この冬に長女を出産し、忙しさに取り紛れてすっかり更新が滞っていました。基本的に昼寝中の娘を片手に抱えての更新ですので、これからも遅々としたペースではありますが、今後ともよろしくお願いします。

※ コメントくださっているかたがた、返信が遅れてしまっていてすみません。できるだけ過去にさかのぼってちゃんとお返事したいと思っています。 ※

今回はブランク後のリハビリ的(?)な更新ということで、軽めの雑学記事です。私が妊娠中に出会った、子供にまつわる詩・歌をひとつずつご紹介したいと思います。お子さんをお持ちの方ならじんわりくること間違いなしです。

一つ目は"A Touch Of Love"という、作者不詳の詩です。

A Touch Of Love

You were six months old and full of fun,
With a blink of my eye, you were suddenly one.

There were so many things we were going to do,
But I turned my head and you turned two.

At two, you were very dependent on me,
But independence took over when you turned three.

Your third birthday; another year I tried to ignore,
But when I lit the candles, there weren't three, but four.

Four was the year that you really strived.
Why, look at you now, you're already five.

Now you are ready for books and for rules.
This is the year you go to school.

The big day came, you were anxious to go.
We walked to the bus going oh, so slow.

As you climbed aboard and waved good-bye,
I felt a lump in my throat and tears stung my eyes.

Time goes so fast it's hard to believe
That just yesterday you were home here with me.

And tomorrow when the bus brings you home and you jump to the ground
You'll be wearing your cap and graduation gown.

So I'm holding to these moments as hard as I can,
Because the next time I look, I'll be seeing a man.

- Author Unknown


(拙訳)ほのかな愛情

六カ月の赤ちゃんで、笑いを振りまいていたあなた
私が瞬きする間に、もう一つになっていた

一緒にいろんなことを楽しむはずの一年だったのに
振り返った時、あなたは二つになっていた

二つのあなたは私に甘えっぱなし
でも三つになったとたん、自立の道を歩み始めた

三つのお誕生日、もう一年はこのままでと願ったが
ろうそくをともした瞬間、それが三本ではなく四本だと気がついた

四つのあなたは驚くほどの成長ぶり
ああ、ほらもうあなたは五つになった

今やあなたは本と規則を受け入れる準備ができた
あなたは学校に行く歳になったのだ

ついにその日がやってきて、あなたは不安でいっぱいだった
私たちはのろのろとバスへと向かう

あなたがバスのステップに足をかけ、私にさよならと手を振る時
私ののどは詰まり、涙があふれてくるのを感じた

時間はなんと早く流れ
つい昨日まであなたとここで過ごしていた時間が夢のよう

そして明日バスがあなたを連れ帰り、あなたが地面に飛び降りたとき
あなたはキャップとガウンを身にまとっているだろう

だからこそ、私はこの一瞬一瞬を握りしめとどめておこうとするのだ
次にあなたを見やる時、私の前には一人前の男が立っているのだから

「五歳で学校?」と思われるかも知れませんが、これはいわゆる小学校(elementary school)ではなく、その前にある kindergarten を指しています。日本では kindergarten というと「幼稚園」で義務教育の枠からは外れていますが、アメリカの義務教育はこの kindergarten から始まるとされています。高等教育までの基礎的教育は K-12 (K to twelve) という言い方で大学以上(higher education)と区別され、教育改革(ちょうどオバマ政権が取り組もうとしているような)がいわれるときは、たいていこの K-12 が対象となります。

「キャップとガウン」は、もちろん卒業式(commencement)の象徴ですね。余談ですが、個人的にこの commencement という言葉が非常に好きです。commencement の元となっている動詞 commence には、「...を始める、開始する」という意味があります。ある一つのステージを終え、そこで得たものを糧に次のステージへ向かう、その区切りの儀式、という前向きな姿勢を感じさせる言葉だと思います。


さて、もう一つご紹介したいのは、ミュージカル『Mamma Mia』にも使われていた、ABBA の "Slipping Through My Fingers" です。「私の知らぬ間に娘は大きくなっていた」「ともにいたあの貴重な時間をただぼんやりと過ごしてしまった」「彼女をこのまま永遠に失ってしまう気がする」という、子供の成長とともに大きくなる喪失感を歌い上げています。メロディーも美しく、何度も聞きたくなる曲です。

"Slipping Through My Fingers"

※ 動画が表示されない場合は、以下のリンクから直接 youtube のページに飛んでご鑑賞ください。
http://www.youtube.com/watch?v=TJ2hoghGh24

Slipping Through My Fingers(歌詞一部抜粋)

Schoolbag in hand, she leaves home in the early morning
Waving goodbye with an absent-minded smile
I watch her go with a surge of that well-known sadness
And I have to sit down for a while
The feeling that I'm losing her forever
And without really entering her world
I'm glad whenever I can share her laughter
That funny little girl

Slipping through my fingers all the time
I try to capture every minute
The feeling in it
Slipping through my fingers all the time
Do I really see what's in her mind
Each time I think I'm close to knowing
She keeps on growing
Slipping through my fingers all the time


(拙訳)

学校鞄を片手に彼女は朝早く家を出る
上の空でほほえみを浮かべ、さよならと手を振りながら
私はいつもの悲しみがわきあがるのを感じながら、彼女を見送る
そしてしばらくの間やりすごすために座りこむ
彼女を永遠に失ってしまうという予感
彼女の世界に本当に存在することができずに
彼女となら笑いをいつでも一緒に楽しみたいのに
私の楽しい小さな娘

いつも私の指の間をすり抜けてゆく
私はすべての瞬間の
あらゆる思いをとどめておこうともがく
いつも私の指の間をすり抜けてゆく
私は本当に彼女の心に浮かぶことを理解しているのか
私が彼女の心に近づいたと思うたび
彼女はさらに成長していってしまう
いつも私の指の間をすり抜けてゆく

どちらも、子供の成長と自立を喜びつつも、寂しさを否定できない、万国共通の親の感傷を表現しきっているいい詩ですよね。こんな詩を読むと、寝かしつけでかかる三時間も、抱っこのしすぎで腕がしびれた一時間も、貴重なものに感じます。まあ、そういいつつもトイレで一人になると、ほっとするわけですが(笑)




<< 【雑学】感謝祭(Thanksgiving) | ホーム


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【雑学】子を想う詩

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/249

コメント(2)

tantan :

ああ!そのようなご事情だったのですね。まずはご出産おめでとうございます。
急ぎませんので昨秋に質問した件、そのうちご回答いただけると嬉しいです。

今回の詩、大変心に沁みわたりました。かくいう私も二歳の娘の母で、娘中心の生活に嫌気が差すこともあります。。。でもそうですよね、あっという間に月日は経つのです!
私事ですが、我が娘(バイリンガル)のfirst sentenceは I love you!で、この瞬間のことは鮮明に覚えております。Rickoさんも子育て頑張ってください。
こちらのページの更新も楽しみにしております。


全く期待しないで行ったのにめちゃ色っぽい人妻がいてびびったーよ(゚д゚ ;)
ふわふわのおぱーいで息子を挟んでくれたりとサービス精神も旺盛だったし♪
つーか人妻なのにいつも中出しでハメまくってるけどいいのかよ?w
ま、毎回3マソ貰ってる俺からは何も言わないけどねwww




▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2009年3月29日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【雑学】感謝祭(Thanksgiving)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。