【発音】[l] for lake


英語の子音:[l] for lake

英語の子音:[l] for lake(歯茎音・側音・有声音)
発音の位置歯茎音
発音の種類側音
有声音/無声音有声音

■ 発音の解説



英語の子音:[l] は、意外に要注意の子音です。日本語の「ラ行」と基本的な口の動きは同じとされますが、実際は「ラ行」よりずっと明るく長く発音されます。実は日本語の「ラ行」はむしろ 英語の子音:[d] の音に近いといわれており、日本語で「ライト」と発音すると、ネイティブには 英語の子音:[d]英語の母音:[ai]英語の子音:[t] のように聞こえたりします。「英語の子音:[l] は『ラ行』と同じ」と思って油断していると、意外に聞き取ってもらえない音なのです。

英語の子音:[l] を正しく発音するにはまず、歯茎(上の歯の裏から上口蓋の凹んだ部分の間のあたり)に舌の先をしっかりとつけます。つけた舌の裏側が歯の隙間から見えることを、鏡で確認してみてください。

英語の子音:[l] for lake(歯茎音・側音・有声音)

このように舌が歯茎にくっついた状態で、「うーーー」とうなってみてください。(このとき、息は舌の両側から漏れて音がでています。)そしておもむろに、勢いよく「Lッッ」と舌をはじきます。この「うーーーラッ」の流れが 英語の子音:[l] の音になります。(この「うーーー」部分が長ければ長いほど、音がはっきりと聞こえるので、英語の子音:[l] を強調したいときには「うなり」の溜めを長くします。)

日本語の「ラ行」の音とあらためて比べてみるとどうでしょうか。日本語で「ライト」といったときと、英語の子音:[l] を使って "light" といったとき、「ラ」と 英語の子音:[l] の音に違いを感じられますか?正しく発音できていれば、"light"英語の子音:[l] のほうがかなり明るく、はっきりした音に聞こえるはずです。



■ 練習問題



英語の子音:[l] のみで、スムーズに発音できるようになったら、今度は 英語の子音:[l] を含む単語で練習して見ましょう。 英語の子音:[l] 以外の音は、ここではそれほど意識する必要はありません。 初めは、それぞれの音を別々に 英語の子音:[l] の音と他の音を分けるように、ゆっくりと発音しましょう。例えば、light なら "l ---ight" というふうに、これを何度も繰り返してください。最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。 英語の子音:[l] の音に自信が持てるようになったら、徐々に 英語の子音:[l] とそれ以外の音の間をつめていき、最後にはなめらかに一息で発音できるようになるまで、繰り返してください。

  1. light (光)
  2. load (積荷)
  3. lake (湖)
  4. clock (置時計)
  5. black (黒)
  6. blue (青)

(1)から(3)は、最初の音が 英語の子音:[l] のパターン。日本語とは違い、英語の子音 英語の子音:[l] は 母音のつかない子音単体であることを、意識しながら練習してください。 例えば、(1) の light の下線部の発音は、英語の子音:[l] といった後で 英語の母音:[ai]英語の子音:[t] と発音しなくてはなりません。 (4) から (6) では 英語の子音:[l] が単語の真ん中にあります。こういう 英語の子音:[l] を聞き取ってもらうために、「舌を上口蓋につけてうなる」というステップを特にしっかりとやりましょう。(※ 英語の子音:[l] が単語の最後にある場合については、こちらの記事 で説明しています。)

英語の子音:[l] の発音に慣れてきたら、以下の Tongue-Twister (早口言葉)も試してみてください。

  1. Lovely lemon liniment.
    (liniment 英語の子音:[l]英語の子音:[n]英語の母音:あいまい母音英語の子音:[m]英語の母音:あいまい母音英語の子音:[n]英語に子音:[t]=「凝りなどを和らげるための塗布薬」)
  2. A flea and a fly flew up in a flue.
    Said the flea, "Let us fly!"
    Said the fly, "Let us flee!"
    So they flew through a flaw in the flue.
    (flea 英語の子音:[f]英語の子音:[l]英語の母音:[i:] =「のみ」、flue 英語の子音:[f]英語の子音:[l]英語の母音:[u:] =「インフルエンザ」、flee 英語の子音:[f]英語の子音:[l]英語の母音:[i:] =「逃げる」)



<< 【雑学】"12 Days of Christmas"(2) | ホーム | 【発音(応用)】ダーク L とライト L >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音】[l] for lake

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/81



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2007年12月24日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【雑学】"12 Days of Christmas"(2)」です。

次のブログ記事は「【発音(応用)】ダーク L とライト L」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。