【発音】[d] for dime


for dime

発音の位置歯茎音
発音の種類閉鎖音
有声音/無声音有声音

■ 発音の解説



は、日本語の「ダ行」にほぼそのまま相当する、日本人にとって馴染みのある音です。ただし、 では「ダ行」に比べて、より勢いのある鋭い音を発する必要があります。「ダ行」そのままでは、音がソフトすぎてネイティブには と聞き間違えられることがあるのです。(意外かもしれませんが、日本語の「ダ行」の発音は非常に「ラ行」と似ています。一度「ダ」と「ラ」を舌の動きを確認しながら発音してみてください。)

は、上の前歯の裏の歯茎にしっかりとつけた舌を勢いよく弾き、息を開放することで発音されます。このとき、口の 10 センチほど前に手のひらをかざし、 の発音と同時に息のかたまりが「ぱふっ」とぶつかってくるのが感じられればOKです。(この確認方法は、 の無声音バージョンである の発音( 【発音】[t] for tea)でもご紹介しましたが、有声音の ではぶつかってくる息の勢いは より弱くなります。)

■ 練習問題



のみで、スムーズに発音できるようになったら、今度は を含む単語で練習して見ましょう。 以外の音は、ここではそれほど意識する必要はありません。 初めは、それぞれの音を別々に の音と他の音を分けるように、ゆっくりと発音しましょう。例えば、death なら "---eath" というふうに、これを何度も繰り返してください。最初のうちは、ちょっと大げさなくらいに口も舌もはっきりと動かすほうが、発音の練習になります。 の音に自信が持てるようになったら、徐々に とそれ以外の音の間をつめていき、最後にはなめらかに一息で発音できるようになるまで、繰り返してください。

  1. death (死)
  2. danger (危険)
  3. diabetes (糖尿病)
  4. mad (気が狂った、怒っている)
  5. liquid (液体)
  6. absurd (ばかげた)
  7. widow (未亡人)
  8. abundant (豊富な)
  9. moderate (節度のある)

(1) から (3) は、最初の音が のパターン。日本語の「ダ行」と違って は母音のつかない子音単体であることを、意識しながら練習してください。 例えば、(1) の death の下線部の発音は、 といった後で と発音しなくてはなりません。 (4) から (6) は、の音が単語の最後に、(7) から (9) では単語の真ん中にあります。こういう を聞き取ってもらうためには、息を鋭く押し出す力がとても大事。少し離れて立っていても聞こえるくらいに、勢いよく鋭い子音を飛ばすよう意識してください。(日本人は単語の最後の音を飲みこんでしまう傾向があるので、特に気をつけましょう。)

の発音に慣れてきたら、以下の Tongue-Twister (早口言葉)も試してみてください。

  1. solid ground
  2. The doctor has delivered all David's daughters.



<< 【発音】[th] for this | ホーム | 【フレーズ】#25: cold turkey >>


関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【発音】[d] for dime

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bin.xrea.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/192



▼コメント入力フォームを表示する/隠す

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

About this Blog Entry

このページは、Rickoが2008年7月24日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【発音】[th] for this」です。

次のブログ記事は「【フレーズ】#25: cold turkey」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。記事にご満足いただけましたら、上のバナーをそれぞれクリックしていただけると、とても励みになります。